わかさ生活研究所の公式サイトです。わかさ生活が学会発表した研究論文や研究への取り組みなど、研究情報を紹介します。

ビルベリーとカシスのアントシアニンは最高のタッグ ピント合わせの必需品

“パシャ”“あれれ?”

みなさんはカメラで写真を撮ったことがありますか?むかしのカメラはピント合わせが難しく、よくピンぼけしたと思います。ピンぼけの原因は、被写体とレンズの距離がうまくとれていない状態です。

しかし、このピンぼけがヒトの目で起きると大問題ですね。目は「毛様体筋」という筋肉でレンズのピントを合わせています。
この「毛様体筋」の働きを助けているのがカシスに含まれるアントシアニンです。ちなみにビルベリーに含まれるアントシアニンは、目の奥で“フィルム”の役割を果たす「網膜」に働きかけて、光の情報を受け取りやすくします。

〈眼球構造図〉“目のピントを合わせるのが毛様体筋の役割よ!“ ”網膜のロドプシンで光の情報を電気信号に変えて脳へ送るんだったよね。”

同じ青紫色でもカシスビルベリーでは含まれている
アントシアニンの種類は違います。

含まれているアントシアニンの種類と量

パソコンや携帯電話、ゲーム、テレビなどを長い時間見ていると、目がしょぼしょぼしてきますよね?これは目のピントを調整する「毛様体筋」がこり固まってしまっているからなんです。

現代社会において、カシスが持っているアントシアニンとビルベリーが持っているアントシアニンの組合せは目にとって最高のタッグですね。

カシス特有のアントシアニン+ビルベリーのアントシアニン=パワーアップ !
ビルベリーにはないアントシアニンをカシスの持っているアントシアニンで補うんだね。
カシスとビルベリーのアントシアニンは目に最高の組合せです。
  • 品質管理・品質保証に関する国際規格ISO9001取得
  • たいせつにしますプライバシー
  • JDMA
  • 公益社団法人日本通信販売協会会員
    公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
    関西日本・フィンランド協会会員
    日本ブルガリア協会法人会員