わかさ生活研究所の公式サイトです。わかさ生活が学会発表した研究論文や研究への取り組みなど、研究情報を紹介します。

ルテインとアントシアニンで目も守る もともと持っていて体内では作れずに減っていくモノ

わたしたちの身の周りにはいろんなオレンジ色のモノがあります。

クッション、ランプ、オレンジジュース、夕焼け


“オレンジ色のかぼちゃは体を温める野菜と言われておる。逆に冷やす野菜はトマトなどの夏野菜に多いのじゃ。”

オレンジ色は活気、健康、暖かいなどの印象を与え、具体的には食欲の促進など人の気持ちを元気にしてくれる色と言われています。
だから、レストランなどでオレンジ色のデザインをつかっている店もよく見かけますね。

目の中にも実はオレンジ色の成分があり、目の健康を守っています。
それが目の黄斑部にある「ルテイン」というオレンジ色の成分です。

“紫外線などの強い光から目をどうやって守っているんだろうね。” “ルテインは網膜の中心部分黄斑部というところに存在して、紫外線などの強い光から目を守っているんです。”
黄斑部の濃さを示すグラフ
ルテインは歳を摂るにつれて減ってしまい、しかも新しく体内で作ることができません。だから、毎日の食事からとらなければいけないんです。”
“ニンジンなどの緑黄色野菜にはルテインが豊富に含まれておるが、マリーゴールドにも混じりけのない豊富なルテインを含んでいるんじゃよ。”
オレンジ色のルテインとアントシアニンを組み合わせて摂れば、“目を守る力”と“見る力”の両方がパワーアップします。
  • 品質管理・品質保証に関する国際規格ISO9001取得
  • たいせつにしますプライバシー
  • JDMA
  • 公益社団法人日本通信販売協会会員
    公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
    関西日本・フィンランド協会会員
    日本ブルガリア協会法人会員