わかさ生活研究所の公式サイトです。わかさ生活が学会発表した研究論文や研究への取り組みなど、研究情報を紹介します。

植物のアントシアニン  青紫色の天然色素「アントシアニン」

青紫色の植物と言えば、どんな植物を連想しますか?

ビルベリー、ナス、カシス、紫イモ、紫キャベツ、アジサイ

これらの植物はどうして青紫色をしているのでしょうか?人間は太陽からの紫外線をメラニンという色素で肌を黒くして体を守っています。しかし、植物たちはメラニンを作り出すことができません。植物はそのメラニンの代わりに青紫色の天然色素「アントシアニン」という色素を作りその実を守っているのです。

[人間の場合]メラニンが紫外線を吸収して体内への侵入を防ぐ [植物の場合]青紫色の天然色素「アントシアニン」が紫外線を吸収して体内への侵入を防ぐ
“例えば、光が当たらない ナスのヘタの下は青紫色がうすくアントシアニンが少ないんだ!” 植物のアントシアニンは紫外線を浴びると 実を守るために作られます。
  • 品質管理・品質保証に関する国際規格ISO9001取得
  • たいせつにしますプライバシー
  • JDMA
  • 公益社団法人日本通信販売協会会員
    公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
    関西日本・フィンランド協会会員
    日本ブルガリア協会法人会員