わかさ生活研究所の公式サイトです。わかさ生活が学会発表した研究論文や研究への取り組みなど、研究情報を紹介します。

飛蚊症

痛みはないのに、目の中に小さな糸くず状のものがチラついて気になります。

飛蚊症視界に小さな糸くずや蚊のようなものが、フワフワ浮いて見える症状を訴える人は意外と多いものです。
目の前で蚊が飛んでいるように見えることから、「飛蚊症(ひぶんしょう)」とよばれています。
この症状は主に、硝子体の加齢変化によりおこる生理的なもので、ほとんどは心配はありません。目の中は、透明なゼリー状の物質で満たされています。それが「硝子体」です。ちょうど生卵の透明な白身に似ています。新鮮な生卵の白身は、プルンと弾力がありますが、日にちが経つと、繊維組織が壊れて水っぽくなってきます。硝子体も同じようなイメージです。
また、赤ちゃんのときには、この硝子体の中に血管がありますが、成長とともに消えていきます。この血管の名残や、繊維組織の加齢変化で濁りが生じて、それを視界に感じ取ってしまうのが、生理的な飛蚊症です。気にしないようにすると、見えなくなってしまうことがほとんどです。
ただし、少ない確率ですが、網膜はく離などの病気の前兆の場合があります。だんだんに糸くずやもやもやが増えてくるような場合や、高度近視の人は、早めに眼科を受診しましょう。

糸くずと同時に光が見えるとき

糸くずと同時に光が見えるとき光がチラチラ見える症状が、飛蚊症と同時に起こることがあります。光が見えるのは、光視症(こうししょう)という症状で、暗い所で目を動かしたときに起こります。これは硝子体が剥離して、その膜が網膜をこすって刺激するために、光を感じるのです。
飛蚊症も光視症も多くは、加齢などが原因の後部硝子体剥離で起こります。ゼリー状の硝子体が老化により弾力を失い、心配する必要のないものがほとんどです。しかし飛蚊症と光視症が同時にみられるときは、よくない目の病気の前兆であることもあります。必ず眼科を受診するようにしてください。

  • 品質管理・品質保証に関する国際規格ISO9001取得
  • たいせつにしますプライバシー
  • JDMA
  • 公益社団法人日本通信販売協会会員
    公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
    関西日本・フィンランド協会会員
    日本ブルガリア協会法人会員