わかさ生活研究所の公式サイトです。わかさ生活が学会発表した研究論文や研究への取り組みなど、研究情報を紹介します。

網膜剥離

網膜剥離の症状とは?

網膜剥離は、眼球の網膜が眼底からはがれてしまう病気です。
目をカメラに例えると、フィルムに当たるのが網膜です。
破れた品質の悪いフィルムではきれいな写真が撮れないように、
網膜が破れて剥がれると、視野や視力が悪くなります。

網膜がはがれる原因

網膜がはがれる原因

網膜に亀裂やあな裂孔(れっこう)ができて、網膜がはがれてしまうのが主な原因です。
特に20歳代と50歳代の人に多く、原因も異なります。

● 20歳代の場合:強い近視や目の外傷

近視の強い人は目の奥行きが人よりも長いので、網膜が薄くなります。
薄い網膜が萎縮(いしゅく)すると、円孔(えんこう)という丸い裂孔ができることがあります。
また、スポーツなどで目に強い打撲を受けると、眼球が急激に変化して網膜裂孔ができます。

● 50歳代の場合:加齢による硝子体(しょうしたい)の変化

眼球の内部は硝子体というゼリー状の組織で満たされています。
しかし年齢と共に弾力を失い、硝子体の中に空洞ができ、すき間ができます(液化変性)。
縮んだ硝子体に引っ張られて、網膜が引き裂かれると、網膜裂孔ができます。

網膜がはがれる原因

網膜剥離は早期発見・早期治療

いったん起こった網膜剥離は、時間と共に拡大し、また剥離した網膜には栄養が届かないために細胞の機能が失われ、失明に至ることもあります。近年は治療が発達し、治癒率は高まっています。治療率を高めるには早期治療が重要なので、異和感がある場合はすぐに眼科を受診してください。

●こんな症状に思い当たる人がいれば、検査を受けましょう

  • 1. 飛蚊症:黒い点やゴミのようなものが見える
  • 2. 光視症:目の中でピカピカ光るものが見える
  • 3. 変視症:物がゆがんで見える
  • 4. 視野欠損:見ているものの一部が見えない
  • 5. 視力低下:急に視力が悪くなった

網膜剥離は早期発見・早期治療

網膜剥離手術の注意点

網膜剥離の手術では、約95%の方がもとの状態に戻すことができるといいます。手術前後は絶対安静にして、傷が再度開かないように注意しましょう!

●リラックスを!
手術前後は、あまり動き回ると裂孔が広がる危険もあります。
不安なことや心配事があれば、主治医の先生に相談しましょう。
●うつむき姿勢で
手術の際、硝子体にガスを注入し、網膜がくっつくのを、手助けをします。
そのため手術後はうつむき姿勢を保ち、安静にしましょう。

<出典:目と健康NO.12創新社、三和化学研究所より引用>

網膜剥離手術の注意点(※見え方は一例です。)

  • 品質管理・品質保証に関する国際規格ISO9001取得
  • たいせつにしますプライバシー
  • JDMA
  • 公益社団法人日本通信販売協会会員
    公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
    関西日本・フィンランド協会会員
    日本ブルガリア協会法人会員