わかさ生活研究所の公式サイトです。わかさ生活が学会発表した研究論文や研究への取り組みなど、研究情報を紹介します。

お知らせ

2016/06/11
ルテインが光ストレスに対して目の網膜保護に役立つ働きが明らかに!

わかさ生活と慶應義塾大学 坪田 一男教授のもとで、小澤 洋子専任講師(所在地:東京都新宿区)との共同研究「光障害モデルにおけるRPEタイトジャンクション破綻に対するルテインの保護効果」を、201661116回日本抗加齢医学会総会(横浜市)にてポスター発表いたしました。この研究成果を多くの方に知っていただき、健康に役立てていただければ幸いです。



1.  光が目に及ぼす影響 ~加齢黄斑変性症との関連性~


加齢黄斑変性症は、黄斑部や網膜に“ドルーゼン”と呼ばれる老廃物が蓄積することが原因の1つと考えられています。この老廃物の蓄積は、光暴露による酸化ストレスの影響が知られており、老廃物の蓄積が黄斑部の機能の低下や、疾患の発症に繋がります。

近年パソコンやスマートフォンなどの電子機器の普及により、画面から発せられる光に目が暴露される機会が増えています。これら電子機器の画面からはブルーライトが多く発せられています。


ルテインはカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。元々、私たちの肌や目の黄斑部、水晶体などに含まれて います。老化や食生活の偏りにより減少することから、サプリメントとしての需要が高まっています。

市場に見られるルテインサプリメントの原料としては、主に食用のマリーゴールドが用いられています(写真)。


ルテインは、米国での大規模臨床試験AREDSAREDS2により、加齢黄斑変性症の進行予防に効果があることが報告されています。




2. 研究方法と結果


【方法】

  生後7-8週目の動物(マウス)に、2000ルクスの光を3時間照射し網膜に障害を惹き起こしたのち、ルテインを12時間後に投与しました。光照射して48時間後に、網膜の形態的な変化を観察し、活性酸素の発生量を測定しました。また培養細胞(網膜色素上皮細胞)にルテインを添加し、抗酸化酵素(スーパーオキシドジスムターゼ:SOD)のmRNAレベルの経時的変化についても測定を行いました。


【結果】

ルテインを摂取したマウスの網膜において、光刺激によるタイトジャンクション(細胞間の接着)の構造破綻の改善とともに、SOD活性の上昇がみられました。また、培養網膜色素上皮細胞においても、ルテインの処置によりSOD活性の上昇が認められました。


【結論】

本研究の結果から、ルテインは光刺激による網膜(黄斑部)のダメージを軽減すること、その作用メカニズムとして抗酸化酵素であるSODの活性を高めることがわかりました。ルテインの摂取は、目の健康維持に役立つ可能性が示されました。


  わかさ生活ではこのような研究成果の積み重ねから医療用サプリメントを世の中へ送り出し、高い信頼を得ています。これからも研究に基づいた商品開発を進め、目の総合健康企業として貢献してまいります。


  • 品質管理・品質保証に関する国際規格ISO9001取得
  • たいせつにしますプライバシー
  • JDMA
  • 公益社団法人日本通信販売協会会員
    公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
    関西日本・フィンランド協会会員
    日本ブルガリア協会法人会員